南米パラグアイ TAKUYA RAMEN&BENTO

南米パラグアイの首都アスンシオンで日本食デリバリー&ピックアップのお店、TAKUYA RAMEN&BENTOやってます🇵🇾南米ノリの日常、日本ではありえない仕事の様子、パラグアイへの移住関連情報をお届けします🇵🇾

【ケニア・キベラスラムを共にした】現在:マチュピチュ観光大使【片山慈英士】

パラグアイからこんにちは!

@takuya_r_bです。

 

 

世界一周中に訪れたケニア🇰🇪

首都ナイロビから近く、バス一本で行ける

巨大スラム街

 

その名を「キベラスラム」

引用:GNV

ケニア

 

いや、

 

アフリカ最大のスラム街でもあり、首都ナイロビの総人口約440万人の内60%の人々が暮らしています。

 

 

 

 

 

もう一度言います

 

首都ナイロビの総人口総人口約440万人の内、60%の人々がスラムで生活しているんです

あなたも知っておいた方がいい、接着剤で空腹と寒さを凌ぐキベラスラムの真実 | TABIZINE~人生に旅心を~

 

既に放送終了してしまったあの伝説のテレビ番組「クレイジージャーニー」でお馴染みの丸山ゴンザレスさんも取材に行ったほど。

(犬が怖いのわかるわぁ…ちなみに豚もそこら中にいます😂🐷)

 

しかし、旅人というのは良くも悪くも怖いもの知らず

 

とある日本人ボクサーと一緒に2人でキベラスラム内の学校を回り、現地の子供たちにボクシングを教える姿を撮影してきた体験を、写真と共にをお届けします!

 

*最後ら辺に写真まとめて載せてます*

パラグアイ情報を発信しています!

気になる記事があれば是非読んでみてください😊🇵🇾

takuyaramenandbento.hatenablog.com

takuyaramenandbento.hatenablog.com

takuyaramenandbento.hatenablog.com

ーーーーーー

インスタ、ツイッターやってます。

Instagramこちら

Twitterこちら

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント・リクエストお気軽に♪

ーーーーーー

ケニアってどこ?

ケニアは東アフリカに位置し、周辺国は

・東にソマリア🇸🇴(リアル北斗の拳の国)

・西にウガンダ🇺🇬

・南にタンザニア🇹🇿

・北にエチオピア🇪🇹

 

豆知識(スワヒリ語)

公用語

スワヒリ語(+部族語)

・英語

 

皆さんが一度は聞いたことがあるであろう言葉

Hakuna Matata(ハクナ・マタタ)

 

これ実はスワヒリ語なんです😯

直訳した意味は「問題なし」

 

英語で言う

no problem,it's okay,no worries

 

スペイン語で言う

sin problema,tranquilo(これパラグアイだけかも…🇵🇾)

 

謝られた時や相手を励ます時に使う

大丈夫だよ!・問題ないですよ〜・気にしないで!

便利な言葉!

 

大西ライオンが叫ぶ「し〜んぱ〜いないさー!」はそうゆうことです笑

 

 

ちなみに著者タクヤケニアに着き真っ先にググったスワヒリ語は…

Wewe ni mrembo(気になる方だけスワヒリ語➝日本語で翻訳してください笑)

 

マチュピチュ観光大使【片山慈英士】

彼と初めて会ったのはエジプトの首都カイロ。もう2年前の話なのか…

 

 

そんな彼は現在 なんと!!

🇵🇪マチュピチュ観光大使🇵🇪

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Jesse Katayama (@jessekatayama)

www.instagram.com

 

何故、旅人からマチュピチュ観光大使になったのかが分かる彼の経歴・プロフィールはこちらの記事を参考にさせていただきます!

minotakeceleb.com

 

 

彼に久しぶりに連絡を取り、写真使っていいか・記事にしていいか確認。

 

 

直ぐ返事が返ってきて

「もちろん大丈夫です👍

 

相変わらず気持ちのいい漢👍

 

 

そんなジェシー君とはエジプトで一旦お別れ。

各々違う国に。旅なんでね。

 

 

 

 

 

ケニアの宿でばったり再会しました😂

 

旅なんでね😂

 

キベラスラムツアー

当時、自分らが泊まっていた宿「ニューケニアロッジ」

宿のオーナーがガイド付きの“キベラスラムツアー”を紹介してくれた。

 

主なツアー内容は

当時のキベラスラムの状況・キベラスラムの歴史を聞き、1時間半ほどかけて現地を歩き周りながら観光するツアー。

 

自分は個人的にガイドのジョセフと仲良くなり、家にもよく招いてもらったりしてました😄

 

引用:TABIZINE

 

陰と陽 光と闇がぐちゃぐちゃに混ざりあった場所。

 

心底惚れてしまい、キベラスラムに3週間ほど滞在😂

このブログには書き起こせないような出来事が毎日あり、刺戟的でした。

 

キベラスラム内の子供たちにボクシングを教える事になったきっかけ

日本でボクシングをやっていたジェシー君。

ツアーを経て“子供たちにボクシングを教えたい”という会話になり、自分はフラフラしていただけだったし

 

 

いいじゃん!!

俺撮影係やっていい?

 

人生初のなんちゃってカメラマンとして同行。

 

これが全ての始まりでした🥊📷

 

皆さんは海外のスラムにどんなイメージを持ってますか??

著者は世界一周で訪れたケニアとマダカスカル、今住んでるパラグアイにある3つのスラムしか訪れたことがありません。

 

当たり前ですが、スラムで生活する人々全てが悪い人間ではありません。

・金銭面で余裕がないため、スラムで生活せざるを得ない

・その場所が気に入ってるから住んでいるだけ

 

朝スーツ姿で出勤している人もいる

電気ガス水道はちゃんと揃ってる

 

夜、絶対に通ってはいけない裏路地もある

銃、ナイフを突きつけられたこともある

 

良い人もいるし 悪い人もいる

 

スラム内外に関わらず、世界共通だと思います。

 

何が言いたいのかというと

海外に行くときは細心の注意を払いましょう

ってことです😄

 

アポ無し学校訪問

まずは歩き回って探したり、人に聞いたりして学校の場所を教えてもらう。

ケニアの人達は気さくで面白い。

 

毎回アポ無しで学校にお邪魔し、警備員・生徒に話しかけ職員に繋いでもらう。

 

 

何が良かったって?

 

訪問した学校のほとんどの校長先生が会う時間を設けてくれ、アポ無しで訪問してる我々の話を真剣に聞いてくれ、快く対応してくれた。

 

キベラスラムだけでは留まらず、実はもう1つケニアにあるスラム「マザレスラム」にも遠征。

引用:dotworld

10〜15校くらい周ったかな 流石に全校はムリでした。

 

そりゃそうだ

急だし、謎な日本人二人組がいきなり来て、言ってしまえば不審者&非常識だ。

 

それでもいろんな人達が我々のワガママに応えてくれた

感謝・感激です。

 

実際に子供たちにボクシングを教える写真

f:id:takuyaramenandbento:20220418143258j:plain

f:id:takuyaramenandbento:20220418143208j:plain

f:id:takuyaramenandbento:20220418143305j:plain

f:id:takuyaramenandbento:20220418143036j:plain

f:id:takuyaramenandbento:20220418143125j:plain

f:id:takuyaramenandbento:20220418143150j:plain

f:id:takuyaramenandbento:20220418143100j:plain

f:id:takuyaramenandbento:20220418143546j:plain

f:id:takuyaramenandbento:20220418143337j:plain

f:id:takuyaramenandbento:20220418143330j:plain

f:id:takuyaramenandbento:20220418014136j:plain

校長先生withジェシー

 

f:id:takuyaramenandbento:20220418143024j:plain

ジェシー君・校長先生・著者タクヤ

 

全員やる気に満ちた顔&笑顔 最高!

 

まとめ

確か一日平均800枚くらい撮ってた気がする

 

残念なことに、当時使ってたスマホが壊れてしまったため彼に何枚か写真送ってもらいました。本当にありがとうm(_ _)m

 

久しぶりにこの写真を見れて当時のケニアの最高の記憶が蘇ったのでそれで充分。

 

こんな貴重な経験に混ぜてくれてありがとう!ジェシー君!

 

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ