南米パラグアイ TAKUYA RAMEN&BENTO

南米パラグアイの首都アスンシオンで日本食デリバリー&ピックアップのお店、TAKUYA RAMEN&BENTOやってます🇵🇾南米ノリの日常、日本ではありえない仕事の様子、パラグアイへの移住関連情報をお届けします🇵🇾

TAKUYA RAMEN&BENTO 2周年

パラグアイからこんにちは!

@takuya_r_bです!

 

2020年7月に路上で寿司販売を始め、その後は寿司を止めラーメン、弁当にシフトチェンジし気がつけばTAKUYA RAMEN&BENTO2周年。

 

一番最初のきっかけはこちらの記事に

takuyaramenandbento.hatenablog.com

 

海外で一番人気、有名な日本食といえば「寿司」

 

わざわざその「一番注文される品」を手放し、他の商品に変えた瞬間は不安でしかたがなかったのを今でも鮮明に覚えてます😅

 

 

今ではラーメンの常連さん、チキン南蛮、焼き鳥の常連さんと、自分の本当に作りたかったものでお客さんが増えていき日本食代名詞の「Sushi」の名前に頼ることなく、好きにやらせてもらってる(最近また寿司売りたくなってきたけど😂)

 

 

これからも健康第一にパラグアイ生活&TAKUYA RAMEN&BENTOを続けていきます😄🇵🇾

 

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Twitterがきっかけで出会えた人

パラグアイからこんにちは!

@takuya_r_bです!

 

 

このブログを書き始めてから、記事をSNSで広めたいけど、今自分の持ってるお店用アカウント(インスタ、ツイッター)で“ブログ書きました!是非見てみてください!”とパラグアイの人に知らせてもな〜 なんて考えてる時に

 

「そうか だったら個人用で日本語Verのアカウント作ればいいじゃん」

 

と思い立ち、先月から新しく個人用ツイッター始めました。

 

海外在住の日本人のつぶやき気になるな…

 

コレをきっかけに世界中の海外移住・在住者のアカウントをフォローしていくと様々な嬉しい出来事が起きる。

 

そんなお話

パラグアイ情報を発信しています😊🇵🇾

気になる記事があれば是非読んでみてください♪

takuyaramenandbento.hatenablog.com

takuyaramenandbento.hatenablog.com

takuyaramenandbento.hatenablog.com

ーーーーーー

インスタ、ツイッターやってます。

Instagramこちら

Twitterこちら

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント・リクエストお気軽に♪

ーーーーーー

実はオーストラリアで会っていた

今から約7年前 ワーキングホリデーを使いオーストラリアに1年半居た時、当時はバイクを買って働きながら旅を。

 

好きな時に好きなだけ走って疲れたら宿を探すorキャラバンパークでテントを張って寝泊まり。

ツイッターで海外移住者のアカウントを探してみるのと同時に現在世界一周中の人達ってどれくらいいるんだろ。コレも気になり色んな旅人達をフォロー。

 

アカウントを作り始めてから数日経ち、パラグアイの日常の様子をツイートすると

 

 

「初めまして!…じゃなくて実は私達オーストラリアで会っているんです😊」

 

と、現在世界一周中の旅人の方からの1件のコメントが…

 

 

・自分の顔を覚えててくれてるの凄いな…!

ツイッターでまさかこんな奇跡に巡り会えるとは…!

 

 

ぶっちゃけ1年半で数え切れないほどの人達と会ってきて、一日だけ宿が一緒で会話した人、barで仲良くなって乾杯した人、etc...無限です。

当時からインスタグラムはありました。が!フェイスブック交換の方がメジャーだったあの頃…必ずと言っていいほど別れ際に交換。今となってはあの頃関わっていた人間と連絡することもない。寧ろ覚えてない人が9割…正直に言うと彼女のこともほとんど覚えていない。

それでも、これはなにかの縁。

 

 

 

そして 彼女は現在夫婦でノマド&世界一周中だとか。

パラグアイにも寄る予定らしく、首都アスンシオンに来られた際には是非再会&はじめましての乾杯がしたい😊🍻

 

こんな偶然あるんだな〜 ツイッター初めてよかったです😄

 

ボリビアからバスを乗り継いでお弁当を買いに来てくれた

つい最近の話。

 

夜遅くにデリバリーの注文を受け、調理し配達。

走行中にWhatsappのメッセージ通知音が鳴りバイクを道路わきに止めてメッセージを確認すると日本語で翌日の注文&そして番号は+81(日本の国際番号)

 

 

日系や在住の日本人の常連さん達からの注文を日本語で注文受けるのはよくあることなんですが

 

+81から?え???

 

営業終了後にツイッターを眺めていると自分のメニューについてツイートしてる人を発見。あっ、フォロワーさんだったのかと気づく。

 

そして翌日の昼前にpara llevar(お持ち帰り)の注文を受け、昼過ぎにお客さんが到着し品物を渡す&会話。

 

現在休学中の学生さんらしく、南米を回っているらしい。

ボリビアからパラグアイの首都アスンシオン行きのバスに乗り、着いてそのまま買いに来てくれたとのこと。嬉しすぎる…😇

 

このあとの予定はアルゼンチン方面に向かう予定だけど、その前に日本人旅人ではお馴染みのイグアス移住区の「民宿小林」か「ペンション園田」で一泊予定。

 

完全なる旅人のバイブスを持っていた方で、触発されたのか話している自分も若干テンションが上り内心“うわ〜〜 また旅してぇ〜!!”なんて思いました😂

 

 

なんだかんだで話し込んでしまい、イグアス行きのバスに乗る時間が近づく。

 

 

「日本に帰っても反対側から応援してます!!」

 

この言葉 忘れません。

本当に嬉しかったです。

 

最後に“Suerte”と言い彼を見送る。ありがとうございました。

 

 

ツイッターにも写真載せてくれて感謝😇

 

 

ツイッターを初めて、まさかこんな出会いがあると思いませんでした。

実は 再来月にとある1人の旅行者さんがアスンシオンに来る予定らしく、その方から是非お話してみたいとお誘いいただきました。

・この方もツイッターから

・同郷(話を聞くと近所とゆうことが判明😂世界は狭い😂)

 

 

これから先もSNS経由で色んな方々となにかのきっかけで会えるのが楽しみです😄

 

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周していた頃に撮った写真と記憶②

パラグアイからこんにちは!

@takuya_r_bです!

 

 

前回はこちらから

takuyaramenandbento.hatenablog.com

 

ーーー続きーーー

朝チェックアウトし とりあえず安い宿探すか〜〜とぶらぶら街歩き。

 

 

歩いてて思うのが

本当に何もないな…

 

 

コルチャがど田舎とゆうのもあるんですけど、アルバニア🇦🇱自体がメジャーな国でもなく寧ろ超絶どマイナーな国。

観光業が盛んなわけでもないし、世界一周してる旅人くらいしか来ないと思う。

それくらい何もない(首都ティラナはほんの少しだけショッピングモールがあるくらい)

 

 

だがそれが良い!!

 

“コレだよコレ この何もないのが最高なんだよ”と1人朝から重いバックパックを担ぎ、ニヤニヤしながら歩く。

 

google mapやネットで安い宿を片っ端から見つけ行ってみるも営業時間外、宿が存在していない。朝早かった&宿泊者が頻繁に来る街ではないので予約しないといけないパターンな宿がほとんどでした😅

 

一軒だけ“お!人いるじゃん!泊まれるか&値段聞こう!”と庭を掃除していた女性に聞いてみると

・オーナーが今不在だからドアに書いてある番号に電話して

・電話してみると「今外出中。13時に戻る」この時朝9時頃…

・ドミトリーはなしのシングルのみ。安くもなく高くもなく…う〜ん…

 

バックパックを置きタバコでも吸いながら考える&女性スタッフと会話。

どうやらイタリアからアルバニアに移住したんだとか。

 

そうか イタリア➝アルバニアって海を挟んでるだけで意外と近いんだよな。

フェリーでも行き来できる情報も教えてもらう。

 

 

話すだけ話して結局違う宿に向かって再び歩くことに。

このヨーロッパ特有の路面好きなんです😊

 

 

結構歩いたな〜 

再度バックパックを置き休憩していると

「こんにちは。何か困りごと??」と男性が話しかけてくる。

 

“宿探してるんですけど安いところが中々なくて”みたいな感じのやりとりをしていたら

 

「俺エアビーやってるけど、うちで良ければ泊まる?安いし。」

 

凄いタイミングで宿決まりました😂

 

鍵を貰ってWi-Fiのパスワードも教えてもらい、荷物を下ろしやっと一安心。

オーナーはマウンテンバイクに跨がり「山で遊んでくるわ!」と遠くへ消えてゆく。

 

 

朝から何も口に入れてなかったのでスイーツ兼ご飯クレープのお店に。

 

さすがアルバニア ヨーロッパ1物価が低いと言われるだけあり、どの店に入っても安い。

例えばメニュー1番上のKaramel 90L = 107円(2022/6月現在)

これがヨーロッパ中央ら辺(ドイツ)〜西ヨーロッパになると急激に物価が高くなり100円台でご飯が食べられる店は皆無。チェコくらいまでが安く周れます。

 

基本英語で喋りかけるもほとんどの人が通じない。

コレです。この不自由さがたまらない。

 

 

食事を済ませて街ブラ

日向ぼっこする犬 平和

 

なんだろうここ と近寄って見てると警備員のおっちゃんが片言で「ここギャラリー兼コンサートホールだよ」と話しかけてくる。

 

へ〜そうなんですね と素っ気ない返事をすると「中見てく?」と言われ急遽案内してくれることに😂

正直

ギャラリーじゃなくてこっちを見せてくれるのかよ!

席と舞台だけ見ても…となりますがおっちゃんが片言ながらも色々教えてくれたのでそれが嬉しかった😊

 

お礼を言いまたぶらぶら街歩き。

 

特に面白い出来事もなかったので、ビールとつまみだけ買って宿に戻るが問題が発生

 

 

 

鍵が開かない

肝心なオーナーの番号を聞くのを忘れていた…

 

まぁそのうち戻ってくるだろうと待つこと4時間(日も下がってきた極寒の12月)

 

来ない

 

夜の7時くらいですかね 遠くからマウンテンバイクに乗りながら手を振って向かってくるオーナーの姿が。

 

 

事情を説明しホラ!もしかして鍵間違えてない!?と実演しオーナーに渡し確認すると

ガチャっと一発で開きました……😅

 

この時は知りもしなかった 実はヨーロッパのドアノブ&鍵は慣れないと“もしてかして壊れてる??”と錯覚するほど開けづらい(国にもよる)

 

 

そして自分の部屋に着き 帰りに買ったビールを手荒くテーブルに置き即シャワーを浴びて布団に包まり暖を取る。身体が凍えて酒どころじゃない。

気づけば寝落ちして朝に。

 

 

 

今回はここまで!

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周していた頃に撮った写真と記憶①

パラグアイからこんにちは!

@takuya_r_bです!

 

 

先日 前まで使っていたスマホを修理に出し(充電端子がイカれていたらしい)2年前のまだ世界一周していた頃に撮った写真を再び見ることができる。

 

1000枚以上あり

“あ〜〜ここ行ったなぁ!”

 

“え?どこだここ?”

 

“笑顔で肩組んで仲良さそうな写真あるけど…だれだこれ…?”

(多分飲みすぎて記憶を国に置いてきた)

 

そして今回からシリーズブログの開始

 

“世界一周していた頃に撮った写真と記憶”

をお届けします!

 

 

パラグアイ情報を発信しています😊🇵🇾

気になる記事があれば是非読んでみてください♪

takuyaramenandbento.hatenablog.com

takuyaramenandbento.hatenablog.com

takuyaramenandbento.hatenablog.com

ーーーーーー

インスタ、ツイッターやってます。

Instagramこちら

Twitterこちら

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント・リクエストお気軽に♪

ーーーーーー

2019年12月3日 世界一周スタート

 

旅の一番の目的地「アルバニア🇦🇱」に行きたいが為に成田➝シンガポールアテネ国際空港着&スタート(ギリシャからバスでアルバニアに行ったほうが安いと知りこの経路)

 

絶景や歴史的建造物に一切興味がない自分はギリシャに着いたその日にアルバニア行きのバスチケットを買いに&街ブラ。

 

 

泊まったバックパッカーズホステルの階段の壁

ギリシャ感満載

 

同部屋に先に泊まっていたスイス出身の旅人と会話。

 

いつギリシャに着いた?

次どこの国行くの?

あの国の飯すげー旨いぜ!

 

“あぁ コレだよコレ。旅人同士の会話久しぶりだな〜”

と思いにふける。

 

 

翌日の朝 バスチケット売り場に向かう

アルバニアに行く人結構いたんだよなぁ〜

帰省、旅行 年配の人達が多く若者(20代)は自分だけ。

 

 

バスが走り始めて2時間くらいで最初の休憩

 

同乗していたおっちゃん達がいろいろ話しかけてくれるも英語が通じなくジェスチャーで身振り手振り。コーヒーご馳走してくれたり、更には菓子パンを自分に買ってきてくれた。

ありがとうおっちゃん。世界一周2日目にしてもう泣きそうだったよ俺。

 

犬は世界共通で癒やしだな〜

 

 

その後も走り続け気がつけば周りは真っ暗。

20時頃 3回目の休憩。

ここでも他のおっちゃんが飯を奢ってくれる。

貰ってばかりじゃ申し訳ないから日本のタバコ一箱をお返しに。

 

 

休憩が終わりバスに戻ると

目の前に天使が

 

正直に言うと

自分子供が苦手…じゃなくて嫌いなんです。

 

ただ、今までの俺はどこへ行った??とゆうくらいこの子と人形で遊びました。

全ては旅の力。可愛かったな〜(現在は再び子供嫌いに戻りました😂)

 

 

そして国境に着く。

何の問題もなくアルバニア入国。

12月だったので死ぬほど寒かったです。ヨーロッパの冬を完全にナメてました…

 

 

そしてコルチャという街に到着。

 

もう深夜だったのでケチケチせず近くのホテルに一泊。意外と安かったのは覚えている。確か2000円くらいだったような…

 

今回はここまで!

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

お客さん「NARUTOのラーメンください」 自分「はい???」

パラグアイからこんにちは!

@takuya_r_bです!

 

2022年7月でTAKUYA RAMEN&BENTO 2周年目を迎えます。

 

早い!

コロナ禍に始め、もう2年経つのか。

あまり実感が湧きません。

 

 

つい最近、NARUTOの続編「BORUTO」を読んでいて過去のお客さんとのやりとりをふと思い出す。2次元を現実に持ち込む人達。

 

 

今回はそんなお話〜

パラグアイ情報を発信しています😊🇵🇾

気になる記事があれば是非読んでみてください♪

takuyaramenandbento.hatenablog.com

takuyaramenandbento.hatenablog.com

takuyaramenandbento.hatenablog.com

ーーーーーー

インスタ、ツイッターやってます。

Instagramこちら

Twitterこちら

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント・リクエストお気軽に♪

ーーーーーー

NARUTOのラーメンください

ラーメンを販売開始した頃の話。

 

自身のお店で販売しているTORI TON RAMEN=濃厚な鶏白湯ラーメン。

パラグアイで…いや、南米で鶏白湯ラーメン販売してるの自分だけじゃないか?とゆうくらいレア中のレア。同スープを更に凝縮したつけ麺の汁はドロドロ。

takuyaramenandbento.hatenablog.com

日本ではお馴染みですが“海外”となると聞いたことがない人多数。

 

 

そしてある日の昼 1人の現地人男性から注文が入る

 

パ「Hola! ラーメンの注文がしたいです」

自分「Hola! 名前・住所を先に送ってもらえますか?」

 

 

 

パ「NARUTOのラーメンありますか??」

 

自分「はい???ラーメンはメニューに載っているものしかありませんが…」

パ「NARUTOがいつも食べていたあのラーメンが食べたい。作れます??」

 

この男性は漫画&アニメNARUTOでお馴染みの「一楽ラーメン」が現実でも存在する食べ物として会話を進めているんです

 

アニメの影響力の偉大さを感じました😂

とりあえず説明して理解してもらう。

注文はしてくれました。

 

ちなみに、同じく南米コロンビアではいつ訴えられてもオカシクない一楽ラーメンが存在します(オーナーはコロンビア人)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ICHIRAKU RAMEN CO 🍜 (@ichirakuramenco)

www.instagram.com

 

アニメのご飯作ってくれますか?

この類の問い合わせをしてくる人は基本的に頭がお花畑なので説明するこっちが疲れます。

 

パ「◯◯◯(知らないアニメ)のご飯注文したいんですけど、作ってくれますか??」

 

自分「自分で作り方調べて全て自分で調理してくれ!じゃ!」

 

 

面倒なんで相手にしません😂

 

海外だと漫画&アニメの世界を現実に持ち込む人がいるんですよね🤔

頑張って自分で何とかしてくれとしか言えませんが😂

 

タコさんウインナーが欲しい

この注文は漫画&アニメ関係なく、日本に住んでいたことがあるor旅行で日本に行ったことがある人からの注文。

上手ではないけど、これくらいなら全然やります🐙

おまけでウサギも付けたり🐰

 

 

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

未知&新しい食に臆病なパラグアイ人🇵🇾普段何食べてるの??

パラグアイからこんにちは!

@takuya_r_bです!

 

 

今自分が住んでる南米パラグアイは「ラテンのノリ」+「アミーゴ社会」があり、初対面の人と一言二言会話したらもうアミーゴ(友達)

 

そんな自分もホームパーティー・バースデーパーティーにもよく誘ってもらい一緒にお酒を酌み交わす。日付が変わった瞬間、毎日どこかで誕生日を祝う花火が打ち上がります😂

 

 

そして とあるホームパーティーにてパラグアイ人特有の“ある特徴”が炸裂する。

 

今回はそんなお話〜

パラグアイ情報を発信しています!

気になる記事があれば是非読んでみてください😊🇵🇾

takuyaramenandbento.hatenablog.com

takuyaramenandbento.hatenablog.com

ーーーーーー

インスタ、ツイッターやってます。

Instagramこちら

Twitterこちら

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント・リクエストお気軽に♪

ーーーーーー

寿司を振る舞うが誰も手を付けない

同アパートに住む日本人主催のホームパーティー
彼らの会社の現地人スタッフも混ざり

・日本人4名

パラグアイ人11名

計15人が狭い部屋で飲み食いする笑

(写真は2次会のメンバー)

 

パラグアイ人が多く集まるし、せっかくだから手巻き寿司振る舞いますか!」

 

この言葉から始まりパラグアイでは高級な生サーモンと海苔を買い、マヨコーンとツナマヨと唐揚げの準備する。

写真雑で汚くてさーせん😂

男ばかりが集まるとこんなもんです😂

 

 

皆で乾杯しスタート!

まず最初に日本人組が手巻き寿司の作り方を教えて、何種類か具材があるからあとは各々好きに巻いて!と告げる。

 

それから30分経過

 

 

 

誰も食べない

 

 

試しにもう一個作り半ば強制的に(笑)食べさせるも一口だけ食べて「Gracias😅😅」

酢飯が嫌いなの?それとも生サーモン?海苔?どれが食べれないと聞くと

 

パA「いや…好きとか嫌いじゃなくて…普段食べないから…」

パB「私も…でも唐揚げ?は美味しかったよ。ミラネサ・デ・ポジョ(🇵🇾でポピュラーな鶏カツ)に似てるし」

 

そう パラグアイのほとんどの人達が珍しい物、新しい味を口にしないんです

 

じゃあ普段何食べてるの?=アサード・チパ・ソパパラグアージャ・エンパナーダ

呪文じゃないですよ!笑

パラグアイを代表する食べ物達です😂🇵🇾

 

・アサードとは 

南米(パラグアイ、アルゼンチン、ウルグアイ、チリ)を代表する焼肉料理

つまりBBQのことです!

 

パラグアイでは毎食時必ず肉料理or肉の入った何かを食べます。

=野菜をほとんど摂取しない。

その代わりに日本でも馴染みのあるマテ茶🧉を毎日飲み不足分を補充。

 

アサード(BBQ)についての記事

takuyaramenandbento.hatenablog.com

マテ茶についての記事

takuyaramenandbento.hatenablog.com

 

 

・チパとは

引用:Discovering Paraguay

パラグアイを代表する国民食の1つ!

この記事を読んでいるあなたもパラグアイに来たら毎日見かけるほど、どこでも気軽に買えるスナック感覚のマンディオカ(キャッサバと言えば伝わるかな?)の粉と大量のラード&チーズを混ぜて作るハイカロリーパン🍞

食感はモチモチとしていて「ミスドポンデリング」と言えば分かりやすいかも♪

 

お隣の国ブラジルのポンデケージョも美味しいけど、チパはご飯としても合うから尚良😊

スーパーやコンビニでも小さめサイズで売ってます😊

家庭のオーブンであとは焼くだけの状態の物も売られてます。

 

・ソパパラグアージャとは

スペイン語でソパ=スープという意味。

但し、ソパパラグアージャは汁気ゼロ😂

玉ねぎ(家庭によって異なる)、トウモロコシ粉、チーズ、卵、牛乳を容器に入れオーブンで焼いたもの。

 

美味しい だけど口の中の水分全部持っていかれます😂

日本でいう「しっとり感ゼロの卵焼き」なのかな…笑

 

・エンパナーダとは

スペイン、南米圏ではポピュラーな具入りのパン(見た目は餃子)

引用:ULTIMAHORA

・鶏肉+卵

・牛肉+チーズ

・ハム+チーズ+コーン

様々なパターンがあります🥟

 

他の国のエンパナーダ食べたことないので一括な感想は言えませんが、ソパパラグアージャ同様パラグアイのエンパナーダも水分ごっそり持っていかれます😂

 

 

パラグアイ国民食で総合して言えることは茶色、ハイカロリー、水分持っていかれること😂

 

タルタルソースを差し出す➝手で十字を切り恐る恐る挑戦

毎度の事ながら雑で汚い写真でさーせん😂

自分のフォルダにインスタ映えになるような写真は一枚もありません!笑

 

ある日の夜、突然ハンバーガーが食べたくなりアミーゴ達に呼びかける🍔

 

・日本人3名

パラグアイ人1名

 

皆でスーパーに向かい食材を買い、調理し乾杯!

 

誘った日本人は頻繁に自身のお店TAKUYA RAMEN&BENTOで注文してくれる2人。

「これさ…タルタルソース絶対合うよね…いる??」と聞くと即答でお願いします!!と返す2人。流石日本人 わかってる👍

 

 

但し、1人のパラグアイ人を除いて…

*彼の呼び名をKとします*

 

 

自分「Kはいらないの?野菜と卵が入ったちょっと甘いマヨネーズのソース」

K「うん…食べたことないし…ちょっと怖い…」

自分「一口だけ舐めてみ?ハマるかもよ??」

 

 

 

手で十字を切り

K「あぁぁ Dios(神よ)……」

 

 

指ですくい舐める

 

 

 

K「……Gracias(ありがとう)😅😅😅」

 

う〜ん ここでもまたパラグアイ人の未知の物に対する恐怖心が勝る🤔

 

何故“ビビリ”なのか

パラグアイに移住して2年目

パラグアイ人の性格がよく分かります

・保守的

・閉鎖的

・逃げの思考

・未知の経験や物への違和感を拭えない

言葉を選ばず言うと“超絶ビビリ”なんです

この背景には昔々の戦争が関係しているはず。


www.youtube.com

パラグアイ人の特徴についてはこちら

takuyaramenandbento.hatenablog.com

 

まとめ

一口に“南米”といっても12ヵ国あります。

それぞれの国の文化やキャラクターはバラバラ。

 

唯一共通なのは“スペイン語

しかし国によって意味も単語も違う。

 

自分はパラグアイしか知らないので(南米は)仮に他の国に住んだとしても色んな悩みや疑問がついて回るはず。

 

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周中 滞在していたパラグアイでコロナパンデミック➝路上で寿司販売➝旅から移住に

パラグアイからこんにちは!

@takuya_r_bです!

 

まず初めに

 

「こんな日本人がいるんだ」くらいの感覚で読んでもらえれば幸いです😄

 

 

1人の日本人男性が2019年12月世界一周スタート。順調に旅をしていた矢先、パラグアイ入国後パンデミックにより隔離。

その後、外出禁止令が解除され路上で寿司を売り、旅からのパラグアイ移住🇵🇾

 

そんなお話〜😊

パラグアイ情報を発信しています😊🇵🇾

是非読んでみてください♪

takuyaramenandbento.hatenablog.com

takuyaramenandbento.hatenablog.com

takuyaramenandbento.hatenablog.com

ーーーーーー

インスタ、ツイッターやってます。

Instagramこちら

Twitterこちら

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント・リクエストお気軽に♪

ーーーーーーー

プロフィール&世界一周

著者プロフィール

改めまして タクヤです!

・1991年生まれ 現在31歳

静岡県富士宮市出身

・現在パラグアイの首都アスンシオン在住

日本食のお店TAKUYA RAMEN&BENTOを経営

・趣味:楽器演奏(日本ではハードコアバンドやってました)

 

海外への興味 ワーホリでオーストラリア

20歳くらいからずっとバンドやってて当時、毎回影響を受けたのは

全てオーストラリアのバンド

 

何でだろうな〜 とずっとモヤモヤしていた頃、当時働いていた職場の上司が

“オーストラリアでバンドやれば?”と一言。

 

24歳 この言葉をきっかけにいろいろ準備し、オーストラリアに出発。

 

最初は現地でもバンドメインの生活をしていたんですが、いろんな国籍の人達と関わるようになり、せっかく海外いるんだから旅しよう!ってことで日本から持参したベースを売り、売ったお金でバックパックを購入。

ヒッチハイクをしながら州を跨いだりしていく内に、バイク買った方がいいのでは?と気づきバイク旅に変更。

 

約一年半滞在

この経験が世界一周へのきっかけになりました😄

 

2019年世界一周➝コロナパンデミック

日本に帰国してからもバンド活動再会&アメリカで一ヶ月間ツアーやったりする。

メンバーの一人が留学生。母国スウェーデンに帰国することになり、円満解散。

 

何故か心が空っぽの状態になり、楽しかったワーホリ時代を思い出す。

 

そうだ!世界一周しよう!

 

そして2019年12月出発。

西回りのヨーロッパ➝アフリカ➝南米と旅をしていた矢先、パラグアイ入国後コロナパンデミックにより国境閉鎖。

 

国境閉鎖&身動きが取れず…

正確には2020年3月

 

北上する予定だったので、隣の国ボリビア行きのバスチケットを買いにバスターミナルに向かう。

着くと同時に、周りが騒いでいる・人だかりが多く何か異変があると気づく。

当時はまったくスペイン語が喋れなかったため、騒ぎの中心の人達が何を喋っているのか理解できていなかった。

(この時は想像もしていなかった事態になるとは)

 

 

チケット売り場にて店員のお姉さんに

自分「ボリビア行きのバスチケット買いたいです」

 

 

 

店員「3時間後の次の便で最後です。もう国境閉鎖されますよ」

 

 

最後の便は夕方18時

 

 

 

 

頭に?が5個くらい浮かぶ中、Google翻訳で「何で国境閉鎖されるんですか?」と聞くと一言

 

「コロナ」

 

 

何故外で騒いでる人達がいるのかが分かった…

 

コロナで国境閉じるし、今日ボリビア、ブラジル、はたまたアルゼンチンに帰れない人は先の便が未定なことを家族、友人に電話で伝えていたんだアレは…😅

 

 

一旦外に出て煙草を吸いながら考える

 

この時15時

 

とにかく考えた

考えに考えた

気づけばタバコ1箱全て吸いきった

 

コロナの影響で国境閉鎖…

 

“正直すぐ収まるだろう”

と軽い気持ちで考えてたんですよね。

 

 

結局宿に戻って夕飯を作る。

ボリビアに移動せずパラグアイに残ることに。

 

まず日本に帰国しようっていう考えにもならず“また直ぐに旅も再開できるっしょ”くらいの余裕。

 

この選択が移住&TAKUYA RAMEN&BENTOを開業するとは誰が予想できたでしょう

 

当時お世話になっていたアスンシオン唯一の日本人宿「民宿らぱちょ」

パラグアイには日本人、日系人が経営する宿が多く存在します。

 

一番有名なのはイグアス移住地「ペンション園田」

同じくイグアス移住地にある「民宿小林」

 

世界一周でパラグアイを訪れた日本人の9割が泊まるであろうオアシス。

(自分もその内の一人)

 

そして、外出禁止令が発令中&その後も半年間以上お世話になった

パラグアイの首都アスンシオン唯一の日本人宿

「民宿らぱちょ」

takuyaramenandbento.hatenablog.com

自分の歴代宿泊日数ランキング2位らしいです😂

1位は知り合いでした😂

 

 

この時の宿泊者は

・自分の他にも旅人が4名

・現地の日本人学校の教員1名

・JICA隊員1名

 

皆3〜5月頃まで宿泊していましたが

ある日 大使館からある一通のメールが届く

 

 

在外邦人用の緊急帰国便の用意

 

 

パラグアイの他にも海外で隔離している人達に一斉に送られたメール。

 

周りは震え上がりました!

・やっと日本に帰れる(;O;)

・もう不便な生活をしなくても済む\(^o^)/

 

 

 

自分を除いて😂

 

コロナ禍の影響で旅は一旦ストップせざるを得ない状況にも関わらず“今帰らなくても一年ここで国境開くまで待つのも全然かまわないんだけどなぁ”が当時の心境。

 

 

 

そう 

 

タクヤ アホなんです

 

実際に世界一周中にインスタを交換した人達の近況を見ていると、自分と同じ考えの人が多くいました。旅人は頭のネジが外れていなければやっていけない。

(2022/5月現在 コロナ禍を経て日本に帰国せず旅を再会してる人はザラにいます😂)

 

 

5月中旬 外出禁止令が緩和され「11時〜20時までなら出歩いてもいいよ〜」

と政府が発表。

 

緩和されてからやったことリスト

・散歩

・宿の目の前に生えている大木の周りにネギの苗を植える

(後日動物に荒らされ少し涙目になりました)

・遠くまで買い物(4〜5kmくらい)

・釣り(ほぼピラニア)

・宿の看板犬ハナと外で遊ぶ

クロノ・クロスをクリアし感極まり号泣

 

ニート(旅人)生活を満喫していました

 

 

そして7月

長きに渡る外出禁止令の解除&ニート生活におさらば!

 

金銭面には余裕があったものの、問題は

宿泊費=旅の資金の消費

 

今でこそ【ブログ、フィリエイトで稼ぎなら旅をする】が当たり前になってますが当時はその発想を行動には移さず。

 

うどん試作➝販売➝現実は厳しい…

軽〜〜い気持ちでなんとか稼がないとなぁと考えに考え、飲食歴が長かったので

“そうだ 日本食を作って売ろう”

これが全ての始まり。

 

「日本と言えば寿司でしょ!」

とはならず、まず小麦粉を使ってなにか作ろう!が最初のアイデアでした。

一番最初は寿司ではなく「焼きうどん」

我ながら謎。

 

 

幸い、その頃自分を除いた宿泊者は1人だけ(永住権待ちの宿泊者が一人)

キッチンで毎日小麦粉の配合、コシ、喉越し、寝かせる時間、焼きだれの塩梅、etc...の研究。宿主のご家族も同フロアに住んでいるので味見を手伝ってもらったり。あーでもないこーでもないと試行錯誤。

 

あの頃は無我夢中で毎日うどんの研究

広いキッチンならまだしも、他の人も使うキッチンで散々迷惑かけてたなぁ…と今振り返ってます。民主らぱちょの皆さんご迷惑おかけしました…本当に…マジで…

 

そして

 

自分の中でなんとか販売できるクオリティに達し「どう売るか」を考える。

 

“商品を置いて見てもらうより自分で歩き周って売る方が印象に残るよな”

“あのハポネス何売ってるんだ?焼きうどん?え?”

とかブツブツ考えたり。

 

 

7月中旬

自分で納得できるうどん&焼きだれも完成し、達成感、気持ちの高ぶりもあってか完成日の翌日に売りに行こうと決めた。

 

興奮して寝れなかった

どんな反応で返ってくるか

あのワクワク感

何歳になっても初めての経験は好きです

楽しくてしょうがない

 

 

そして販売日当日

クーラーボックスに7食分を詰め込み出発。

実際に歩き売りしていたsupermercado stockというスーパーマーケットの横のsemaforos(信号機、交差点)

 

写真だと全然車走ってませんが(日曜日に撮影。平日の昼時はかなり混む)タクシー乗り場、宝くじ売り場でもあるので基本人通りが途切れることはありません。

 

 

もの凄く緊張していたのを覚えています。緊張&楽しみ&軽くブルってました。

*当時使っていた焼きうどんのダンボール看板多分捨てちゃったっぽいです…写真もない☹*

 

 

いざ 販売開始!

自分「焼きうど〜〜ん 焼きうど〜〜ん コミダハポネサ〜〜(日本食)」

 

 

声出ししながら車に近づく

なん往復もする

信号が赤から青に変わり

また青から赤に変わり

止まる車に向かって何度も声をかける。

 

これを朝10時半〜昼の12時半まで続ける

 

 

 

売れない

 

 

クスクスと笑われる

あのハポネス何やってるの?

うどん?なにそれ?

今コロナ禍だけどあの人頭大丈夫?

車の窓から顔を出す犬に吠えられる

 

13時までやってだめだったらもう帰ろう…

今日の昼食と夕飯と夜食全部焼きうどんだな…

 

 

半ばヤケになり

自分「うどん!うどん!焼きうどん!コ!ミ!ダ!ハ!ポ!ネ!サ!」

脳筋思考。声を最大まで荒らげて何を売っているのかを叫ぶ

(そもそもパラグアイ人で焼きうどん知ってる人いるのか)

 

 

すると

 

 

パ「Hola〜 何売ってるの???」

自分「うどんです!うどんを野菜と肉と醤油で炒めた焼きうどんです!!」

(この頃はスペイン語全然喋れなかったので野菜の名前、調理方法、味の単語だけ覚えて+ジェスチャーで説明)

 

説明も酷い。うどんが“なにか”の説明もできていない

 

パ「よく分からないけど一つちょうだい」

 

自分「あざす!ありがとうございます!本当にありがとうございます!ムッチャグラシアス!!」

 

感情が高ぶりすぎてスペイン語のありがとうございます=Muchas gracias(ムチャス グラシアス)をムッチャ グラシアスと言ったのを今でも覚えてます😂

 

今これを書くのも恥ずかしい😂

 

 

窓から手を出し👍サインをしながら去っていく男

 

やっと売れた…

13時手前でした 

 

とりあず一つでも売れたので宿に帰る前に真横にあるスーパーに寄ってビールを買う。滅茶苦茶美味かったなぁ。染みたわぁ…

 

 

そして帰り道 歩きながら反省

何度も何度も寿司は?と聞かれ、寿司がどれだけ偉大かを痛感させられる。

 

 

宿に着きうどんセットを棚に戻し

「寿司を売ろう」と決めたのはこの瞬間でした。

 

 

 

今でも自分に問う

 

 

 

何故うどんにしたの😂?

 

寿司試作➝販売➝繁盛&連日売り切れ

寿司に変更するのはいいとして

・酢飯用のお米はそもそも簡単に買えるのか

・安価なのか

・寿司酢は?ネタは?

・灼熱の中 生物を販売するリスク

・日本人が作るとしても素人が売る寿司を買うのか?

 

お米、寿司酢の問題はすぐ解決。

 

なぜならパラグアイでは日系、韓国系パラグアイ人が経営する輸入品店やスーパーが多く、簡単に揃えることができるんです。

一番驚いたのはアルゼンチン米でありながらも日本米のような粘りがあるお米

通称「フォルトゥナ」

店員に更に細かい特徴を聞き即購入。

 

そして肝心な寿司ネタはではなく牛肉に。

 

これには理由があるんです。

 

パラグアイは海に面していないため、生魚(サーモン)が輸入扱いで異常に高いとゆう問題。そこで目をつけたのが回転寿司でもお馴染みの「ハンバーグ寿司」。

 

“牛肉大好きなパラグアイ人には合うんじゃないか?“

という考えから「牛のそぼろ煮」を軸に何にでも合う「アボカド」と彩りで「にんじんのきんぴら」の3種類を使った

Carne(牛肉)Sushiが完成

(正確にスペイン語で言うとSushi Carneが正しい言い方なんですが、当時はそんなこと知りもしませんでした😂😂)

 

 

↑の画像見ました??

お世辞にも美味しそうには見えないし編集も酷いし…

 

但し!そこは全てが雑な国パラグアイ🇵🇾!

美味しければオールOK!とゆう開き直りです😂

ーーーーーー

全ての準備が整い、再びあのSemaforos(交差点)へ!

 

自分「すし〜 すし〜 カルネすし〜」

 

第一声から周りがざわつき始める。

 

自分「すし〜 す」

パ「寿司じゃん!ください!」

自分「ありがとうございます15milです!」

(通貨のgsの他にmilもあります。こっちの方が一番使われます)

 

 

気合い入れて10食分クーラーボックスに入れて持って行きました。

 

朝10:30に着き

30分後 11時に完売

 

それから毎日完売が続きました。

 

 

お客さんとの一枚

メジャー誌に載る・TV出演・ラジオ出演・国外からのインタビュー

寿司を売り始めてから数日経つと話題を呼び連日寿司を求めて買いに来る人が増えていく。とある縁がありCronicaという情報誌にデカデカと取り上げてもらったりしました。

www.cronica.com.py

 

更にパラグアイで一番有名なTV局“ABC”のテレビ出演も。

スペイン語が全く喋れなかったのでなんとか片言で

「ワタシ セカイ タビシテタ。寿司ウッテ ガンバル」

 

もう局の名前を忘れてしまったんですが笑 ラジオ出演も。

コロナ禍だったのもあり、電話で参加。

この時に手助けをしてくれたのが、こちらで記事にも登場してる方

takuyaramenandbento.hatenablog.com

 

他にも何社かに取り上げてもらう。

www.lanacion.com.py

 

更には国を超えヨーロッパのネットニュースに載ったらしく、イタリアの友人から「お前何やってんだよ😂最高だろ😂」と嬉しいメッセージを貰ったり、旅で出会い仲良くなった各国の人々からもメッセージ貰ったりして勇気付けられました👍

アルゼンチン在住の日本人の方から受けたZOOMインタビューも🇦🇷

blog.livedoor.jp

 

路上で寿司販売からの卒業➝TAKUYA RAMEN&BENTO開業=現在。

7月〜11月末まで寿司路上販売

応援してくれた人

毎週必ず買いに来てくれた人

小銭いっぱい握りしめて買いに来てくれた少女2人

“コロナ禍なのに何やってるんだあの日本人は”

“日本に帰ればいいじゃないか”

“お前らアジア人がコロナをバラ撒いたんだ”

 

純粋に応援してくれる人から注意してくる人、中には差別発言や罵声を浴びせてくる人もいました。

あんな時だもん 何言われてもしょうがない。

だけどこちらも生活がかかってる。

 

 

元々 旅の資金を稼ぎたくて始めたことが気づけば

「路上で商売するのには限界がある」

     ↓

「この経験を手放すのは勿体ない」

     ↓

パラグアイに住みたい」

     ↓

とりあえず永住権を取ってから決めよう

 

パラグアイへの移住を決めた瞬間でした🇵🇾

ーーーーーーー

そこから先はトントン拍子で永住権を取得し、デリバリーメインで新しく始める予定だったのでバイクも購入。

 

半年間以上もお世話になった民宿らぱちょを出て、知り合いに紹介してもらったアパートに引っ越す。

デリバリー&テイクアウトメインなので住居兼職場。大家さんにも許可を取りキッチンスペースを大改造。

 

そして一番変化したことと言えば、寿司を売るのを止めお店の名前でもあるラーメン&弁当をメインに🍜🍱

毎日常連さん達から注文をいただき感謝m(_ _)m

現在も元気にパラグアイで生活できています😊

 

まとめ

「こんな日本人いるんだ」

くらいの感覚で読んでもらえたのならそれで充分です😄

 

旅をしていたらまさかパラグアイに移住することになるなんて…笑

人生なにが起こるか誰も想像できませんね😂

 

この記事を書いている2022年5月現在 ノマド、世界一周&旅をしながら移住先を探す方々が増えてきているのがよく分かります。

生きづらい世の中になりましたね。ただ、そんな生きづらかったコロナ禍があり異国で第二の人生をスタートしたこんな自分もいます。

 

このブログをきっかけに“私も旅に出てみよう!”なんて方が現れたら最高。

ハプニングも全力で楽しみ機転を利かせるとあなたのほんの少し先の将来が何か変わるかもしれませんね😄

 

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。

応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ